タグ

,

ふくらはぎのメッセージ、そして、光の大霊団

女性のシンギングソウルバイブレーションをさせていただきました。

フィールドの状態、最初七十センチくらい。
特に、鎮魂と供養をするのだ、という意志の元に今の家の血を選んで生まれてきた、ということがフィールドから伝えられる。
覚悟が座っている!

それは、先祖の供養からさらに広く、広範囲の方々へと広がっている。
ふくらはぎ全体、すね、特に右すねくらいのところに、その仕事、魂の旅立ちを見守り、弔いをするんだ、という特に強い決意が出ている。
足、木の生えているイメージ。

胴体、ずっと傘をかぶった修行僧の存在と、海辺など、各地をとむらって回っている。
その存在は、過去生かもしれないし、守護してくれている存在かもしれない。
同時に山のイメージ。
ヒマラヤだろうか。
雪をかぶっている、とても美しい山だ。。。

頭頂部
観音様のイメージ
せんの、修行僧としての前世でもかなり信仰していたかもしれない。
守護や加護をいただいている。
人の生き死にをやさしく見守る仏の教え。

胸、頭、無力感、自分には何も出来ないのでは、という表面的な意識。
現実に疲れているようだ。
フィールドを活性化させていくと、ん?
右側胸郭の一部にエネルギー的な欠損。。
振動で強化。

ハート、もうわたし無理!と疲れている。
しかし、足が動いてしまうのだ。
それはふくらはぎが、鎮魂と弔いをするのだ、という強い意志を持っているから。。
そう、そして、それは、できること。。

やってくるチャレンジは、すべて人生のテーマのために観音様が用意してくれたありがたいイベント。
修行僧のエネルギーも一緒です。
感謝して受け止めれば自分の疲れを癒す方法も分かってくるし、出来ることが増えていく。
また、能力も高くなるので、以前よりヘヴィなことにもしなやかに対処できる。
受け止めるのではなく、愛する。
無力を感じる自分も当たり前なのだと。。
すべての生は、生き死にの前で謙虚であること、その敬虔さを感じている、無力を感じている自分を愛する。
無力だからこそ、様々な自然、宇宙に生かされていることを実感できる自分達を愛する。。。
無力なとき、はじめて、受け取ることができるのだ。

ハートも、頭、また、顔もたっぷり何度もまわり、振動で癒す。
肩の荷を降ろし、首回りにたまっていたエネルギーを優しくはらいました。
音楽の歌では使わない振動、不純物が遊離してゆく。

フィールドを何周かして、
そしてエネルギーのさらに深いところへ、、

頭頂部でふたたび歌ったとき、はっきりと感じる。

馬頭星雲?
そのふちを輝かせる光の雲、そのシルエットがはっきり。

ああ、そうだ、これはもちろん、観音のエネルギーに通じているのかもしれない。
観音様は、おそらくこのエネルギーを、過去のお坊様が感じてのことなのかもしれない。

彼女はこの星雲にルーツがあるのかもしれない。

足裏、ルート、に移動し、フィールド全体にむけて歌っていたら光の一団があらわれる。

光り輝く光輪、王冠のようにまばゆい姿、飛び交う光、その姿は人間の目では確認できません。
ものすごい大霊団。

修行僧や観音様のお導きのさらに奥底、指導する、導く、というより、彼女が体験していることをただ温かく見守っている。
かれらは、人間の尺度である善悪、生死を超えた存在なので。

彼女の魂のルーツなのだろう。
それがこんなにはっきりと姿をあらわしてくれるとは。。

感謝。。
素晴らしい。。
彼らのエネルギーで歌わせていただく。。
かれらはかなり長い間、この場にその存在を届けてくれていた。

まとめに入る。
よりグラウンディングするための。。
朝鮮半島から、宮古を通って日本に入ってきている。
宮古には現実的にルーツをとても感じるはず。
行くとかなり生気、パワーをもらえるでしょう。

今の仕事は、仏の道でお経を唱え死者をお弔いするより、相手にしているのはその端境の方々、かなりハードなもので、、仏の教えを娑婆で実践する、彼女のテーマにぴったりとあったものだ。
自分のテーマを丸ごと感謝していけば、素晴らしい魂の進化となる。

無力でいい。
何も出来なくていい。
一緒にいてあげる。
傍にいる人のそのあたたかな愛で、死を迎える人達は自分の光につながっていく。

最終的に一メートル二十センチくらいまでフィールドを広げ、今日のところの満足をする。(ガイドたちが決めている。かれらは必要な時間、タイミングを知っている)

終わったあと、
来るときはものすごく、体調が悪くて気分が悪くて、凹んでいたとのことだったが、とても元気になった、とのこと。
すっきりしたお顔になっていました。

そして、身体がぽかぽかして肩凝りが楽になった。
とのこと 笑
ホットストーンスパに行ったみたい。。笑
かなり長い間その感覚は持続していたそうで、ボイスヒーリングって不思議だなあと。。

お話をきいたら、寝落ちするまでは共通のビジョンも見ていたようです。

そして、フィールドに出ていたことを現実的にやっているそうで、、
お坊さんと各地をボランティアでまわり、彼女は専門分野から人々をケアしているそうだ。
観音様のお導き、加護については自覚はないが、人に言われたことがあるとのこと。
大霊団の話をしたら、ええー!寝落ちしてしまって見れなくて悲しい、、
というので、彼女にも感じてもらえるように誘導しました。
(どうしたら見られるか、ガイドがすべて教えてくれました)
そうしたらご自身でもしっかり感じられ、その輝きを見ていただけて、、(まぶしすぎて見れない)、とても喜んでくれました。

素晴らしい感性とご自分のテーマを無意識にもしっかりわかって現実に根付いて生きている方。
より意識的になってもらえたようで、良かったなと。。
ルーツの大霊団からも、いつもエネルギーがきていますから、どんなことがあっても大丈夫でしょう。。

あの素晴らしい光の大霊団を体感させていただけたことは、わたしにとっても、とてもありがたいことでした。
いやーびっくりしました。

今回のポイント。

ふくらはぎが持っている使命感、実はたまに遭遇します。
というか、使命感、のエネルギーを実行しているのがふくらはぎ、というべきか。
足は体を運んでくれるので、いろんなメッセージが出てきますよ。
第二の心臓と言われているように、ハートが感情でブロックしていても、勝手に実行される運命、みたいな部分も。。

とにかく、ほんとうに一人一人素晴らしいです。
歌うことでその素晴らしさを知ることができて、体感させていただけて、幸せだなとおもいます。

あなたのふくらはぎにはどんなドラマがありますか??

足の履物、サンダル、にもいろんなメッセージがあります(^^)
夢のお告げなど。。
あ、実際のサンダルではないですよ(^^)

そのお話も少しずつできたらいいなと思っています(^^)(^^)(^^)

広告